介護保険との違い|家事に潰されてしまう前に…家事代行を上手に使って切り抜けましょう

家事に潰されてしまう前に…家事代行を上手に使って切り抜けましょう

介護保険との違い

掃除機を使う女性

家事代行サービスは訪問介護とは利用方法もお願いする家事のメニューの選び方も異なっており、申し込んだプラン内で自由に家事サービスを選択することができるというメリットがあります。
介護保険外になるサービスですが、家事代行サービスでは利用者の範囲は厳格に決められておらず、一般的な常識の範囲内で、ある程度自由にお願いができるというメリットがあります。

ただ、介護保険が適用されないために、家事代行にかかった費用は全額自己負担となることになります。しかし、利用できる内容は基本的な家事となっており、日常生活に必要な家事については代行して行ってもらうことができます。

家事代行サービスで提供されている家事サービスは、掃除や洗濯、ゴミ出しやアイロンがけ、買い物や料理、後片付けといった、契約によってほとんどの家事の内容を含めてもらうことができます。
サービス内容は家事代行を依頼する人の希望に合わせて選択できます。

家事代行サービスの場合、多くの場合は一定時間内でのサービスで限られている時間内でしてもらいたい家事を代行してもらえます。
また、基本メニューとは別に料金が設定されているオプションなどを利用することで、さらに細かな家事サービスを受けることができるようになっています。

家事代行サービスは様々な状況にある人に選択してもらえるように、細かなサービスが設定され、さまざまな業者によって特徴的な独自のプランやサービスが提供されています。